印鑑ゴム印のはんこねっとでの印鑑材質見本です
はんこねっと はんこ一筋!手作りの職人技。
ご注文方法 送料・お支払いについて 法に基づく表記 お客様情報について かごの中身
はんこねっと
字体
印材
用途


安心・安全にオンラインでお買い物・・・・
印材(材質)について

2004年9月から印材が新名称に変わりました。

 


2004年9月1日から「公正競争規約」に準じて印章組合の規定により一部印材の名称が変わりました。これはお客様に間違った認識を与える可能性のある表示を規制する為に定められた規約でございます。当店も順次変更表示させて頂きますのでご理解下さいませ。
印材の種類
柘植(つげ)
アカネ
黒水牛
牛 角
象 牙
私たちは、「印鑑」をただの商品としてではなく、お客様自身を証明する大切な「証」として、心を込め一つ一つ製作し、真心と共にお届けいたします。もちろん印鑑の材質にもこだわりを持ち、国内製造元・問屋さんから選ばれた逸品を仕入れいたしております。
印材には、主に「象牙」「牛の角」「木材」が利用されます。これ以外にも最近では、多種多彩な印材(羊の角、黒檀、合板、プラスチック、 チタン、電子印鑑まで)があふれています。自然保護の観点からも象牙や水牛、柘(つげ)等、貴重な天然素材を大切に使うと共に、新素材にも注目します。

1.象牙印材
象牙

象牙

 
ご説明
ご存じ、象の牙(上あごの門歯)です。印鑑材料としては最高級品。ねばりがあり、朱肉のつきがよくとても鮮明に押すことができます。ワシントン条約により輸入禁止になってから一時価格が急騰しましたが、99年3月、一部輸入が解禁されました。国内には在庫が充分にありますが、通産省登録の象牙製品取扱業専門店でどうぞ!もちろん、当店で(^人^)
弱点
これと言った弱点はありませんが、硬すぎて大切に扱わないと「コツン」とぶつけただけで欠けることがあります。特に細工の細かい字体などはご注意!印材の王様です。


1.牛角(うしのつの)印材
黒水牛

黒水牛

 
ご説明
東南アジア、インド、アフリカ産の水牛の角です。朱肉の付きも良く、またとても丈夫で印材としては最もポピュラーなものです。特に、当店も仕様の芯持ち印材は良質で粘りがあり、ひびが入りにくい印材です。大切に使えば、一生物の逸品・・・
弱点
天然の素材ですから、太陽光や照明の下に長時間あたりますと乾燥してヒビが入ることがあります。ケースに入れて大切に保管して下さい。
牛角 オランダ水牛  
 

白飴色をした、気品のある美しい逸品です。現在は、おもにオーストラリア産の牛の角を使いますが、その昔オランダの植民地だったタイ等から産出されたので、オランダ水牛とも言いましたが、原産地の誤解を与えるため「牛角うしのつの」と名称が変わりました。 印材の中心に大きな芯があるのが特徴で、ひびが入りにくく女性に人気の印材です。

弱点
芯が大きいためヒビがはいりにくいですが、まれに大きな芯の部分がへこむことがあります。当店では、十分に寝かせた印材を使用していますのでご心配はいりませんが、芯の大きな高級物ほどその可能性があります。もし、そのようなことがありましたらすぐに修理いたしますので、ご連絡下さい!


1.木製印材
つげ

柘植

 
ご説明
伊豆、三宅島、鹿児島等国産のツゲの木を使用した物を(本柘)、タイ周辺から輸入した物を(シャム柘)と呼んでいましたが、今後ツゲ科・ツゲ属のに属する国内産の印材のみ「柘 つげ」とよびます。
弱点
木製のため、長期間「うん十年ですが・・・使用頻度にもよります」ご使用の場合、朱肉の成分により枠がもろくなる場合がございます。ご使用後、朱肉をふき取るように心がけると長持ちいたします。当店では、手仕上げにより枠を土手にお彫りしますのでより長持ちいたします。
アカネ

柘植

 
ご説明
タイ・ラオス・カンボジアそして今後はミャンマーなどから輸入されるアカネ科・クチナシ属に属する印材です。以前は「シャム柘植」と呼ばれていましたが、原産地と誤認されやすいため「アカネ」と呼ぶよう改訂されました。
弱点
印材としては適当な密度がありますが、国産の柘植印材に比べると目が粗く耐久性に差がございます。見た目はほとんど柘植と変わらないですが・・・・
◆店主敬白(^人^)  

  それでは、印鑑・ゴム印のオンラインショップ「はんこねっと」にて、お買い物をお楽しみ下さい。
印鑑,ゴム印のはんこねっと・開運印鑑
★お問い合わせはお気軽に、はんこねっと小林までどうぞ 問い合わせ

お問い合わせ
パワーストーン宝石印鑑 開運印鑑 会社設立印鑑
〒916-0022 福井県鯖江市水落町2丁目28番29号
株式会社小林大伸堂 担当:小林 照明 (総責任者) 印鑑

Copyright(C) 2003 hankonet.com. All Rights Reserved