我が家の家宝でござる
はんこねっと はんこ一筋!手作りの職人技。
ご注文方法 送料・お支払いについて 法に基づく表記 お客様情報について かごの中身
はんこねっと
字体
印材
用途


(かんのわのなのこくおういん)

◆「はんこねっと」が送る古代日本金印の秘密!

        当店秘蔵(ひぞう)写真を初公開!
時は、江戸時代、天明四年(1784年)の早春、北九州、博多湾の志賀島(しがのしま)叶(かの)の崎でのお話・・・

・百姓甚兵衛が田んぼの用水路を修理しておったところ・・・

な、なんと大きな石の板が出てきたではないかいな・・・
「よっこらしょ」石板を持ち上げると・・・
その下に、三つの石で囲まれた中に光るものがあるではないかいな!

「き、金じゃ!おったまげただ、すぐに庄屋様に知らせねばなるめい・・・」

甚兵衛は兄喜兵衛と庄屋に届け出たところ・・すぐさま藩主の元へ!
学者に調べさせたところ印面は、2.3センチ角で重さ108gの金印とわかった。

中国の後漢書によると、弥生時代当時の日本は委(わ)と呼ばれ、その奴(な)の国の王が使者を使わせ貢ぎ物を奉じた事に対し、光武帝が印綬を以て答えたと記されています。
残念ながら、この時代にはまだ日本に文字や印章が無く、この後、雄略天皇三年(459年)大連(おおむらじ)職を定めた際に「大連の印」が作られ、これが日本産最古の印章とされています。

*当店秘蔵(ひぞう)の金印は「レプリカ」でござ〜い・・・
本物は現在国宝として国立東京博物館に委託保管されております。

このレプリカ金印は私が幼少のおり、「金の塊だ!」などと言ってミニカーのトラックに積み込み輸送したため、若干金メッキが剥がれ、一段と古めかしく有り難い輝きを放って、チンレツに収まっております。
(今度、近くの田んぼにでも埋め込んで置いたら大騒ぎになるかも・・・その手は古いか(^人^))

◆店主敬白(^人^)  

  おあとがよろしいようで!それでは、印鑑・ゴム印のオンラインショップ「はんこねっと」にて、お買い物をお楽しみ下さい。
印鑑,ゴム印のはんこねっと・開運印鑑
★お問い合わせはお気軽に、はんこねっと小林までどうぞ 問い合わせ

お問い合わせ
パワーストーン宝石印鑑 開運印鑑 会社設立印鑑
〒916-0022 福井県鯖江市水落町2丁目28番29号
株式会社小林大伸堂 担当:小林 照明 (総責任者) 印鑑

Copyright(C) 2003 hankonet.com. All Rights Reserved